13世紀後半の表記法改革により、音楽家は合字の形と形によって音符の値を推測することを可能にする記法システムを採用した。 フランク以前の合字の曖昧さは、ケルンのフランコが決定的で明確な合字のシステムを修正するまで続いた。 フランコの最も顕著な表記改革では、短い音符と長い音符の値のリズミカルな組み合わせを区別するための明確なシステムが固定されました。

楽譜は常に実用的な機能を持っています:作曲家、歌手、ミュージシャンは実用的かつ効率的な方法でそれに対処しなければなりません。 あいまいな表記法の兆候は常に問題でした。 また、以前に発見した合字システムは、音楽の練習には理想的ではありませんでした。 前のステップの表で見ることができるように、バンベルク写本(Staatsbibliothek、Lit. 115)とCodex Montpellier(Faculté de Médecine H196)はまだその意味にわずかに柔軟なままであり、その文脈に応じて異なる読みを可能にする。

振り返ってみると、それらはケルンのフランコによって彼の論文Ars Cantus Mensurabilis(1280年頃)で設定され、その厳格さと明快さの中で、モードの制約を終わらせる新しい記法の柔軟性をもたらした固定された合字規則へのある種の移行と考えることができる。

フランコス合字規則は、二音または三音のneumes(pes、clivis、torculus、porrectus、climacus、scandicus)の”標準的な”正方形表記の外観を出発点として取りました。 彼は、合字には始まりと終わり(最初と最後の音符)があることを確立しました。 最初はcum proprietate(プロパティ付き)とsine proprietate(プロパティなし)であり、合字の終わりはcum perfectione(完璧付き)とsine perfectione(完璧なし)である可能性があります。 合字が標準的なneumeの外観を持っていた場合、それはcum proprietateとcum perfectioneとみなされ、最初と最後の音符はbrevis-longaとして翻訳されました。 標準的な外観は、茎の追加または削除、音符の頭の回転、または正方形を斜めの音符の形に置き換えることによって変更することができます。

フランコの合字を示す表ケルンのフランコの規則に従って書かれた合字。 兆候は明確になります。 L=longa;B=brevis;SB=semi-brevisクリックして展開します

pesを例として見てみましょう。 第二の音符が右に曲がっていた場合、合字はその完璧を失い、brevis-brevisと読まなければならなかった。 この修正されたpesに最初の音符の右側にステムを追加すると、それはまたその所有権を失い、したがってlonga-brevisと読まれました。 このような茎が変更されていないpesの最初の音符の右側に追加された場合、合字はその所有権を失ったが、その完璧を保ち、したがってlonga-longaを意味した。 合字の先頭にある上向きの茎は、opposita proprietas(反対の特性)を示し、フランケン以前の合字のように、二つの半brevesを生成しました。

clivisは同様の変更を受ける可能性があります。 その標準的な形では、brevis-longa(cum proprietate et cum perfectio)を意味していましたが、最初のノートの左側のステムが削除され、longa-longaとして翻訳されたときにproprietasを失いました。 茎が保たれたが、第二の音符が斜めの形に変換された場合、それはその完璧を失った(brevis-brevisを作る)。 この斜めの合字から茎が取り除かれた場合、それはsine proprietate et sine perfectioとみなされ、したがってlonga-brevisと読まれました。 再び、上向きの茎は二つの半brevesを生産しました。

三つ以上の音符を持つ合字は、上記の表に示されているのと同じ原則に従って機能しました。 合字内の音符の右側に下向きのステムが描かれていない限り、中間の音符は常にブレビスとみなされました。 音符の先頭にある上向きのステム(opposita proprietate)は、合字の最初の二つの音符にのみ適用され、それらを半ブレブに変えました。

カテゴリー: Articles

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。