スピーチは、言語と混同してはならない口頭のコミュニケーション手段です。 音声とは、発声、すなわち言語の音と調音に関連して、人間が言葉を介して通信する能力を指します。 言語障害と言語障害は、一緒にまたは別々に発生する可能性があり、研究またはアプローチの言語療法の対象です。

音声と言語は、人々がアイデア、思考、感情を交換するために使用するツールです。 世界のさまざまな国で異なる言語にかかわらず、言語は人間が相互作用する人間の能力の一つです。

people-talking-908342_1920

スピーチは、通常のコミュニケーション手段であり、次のように構成されています:

  • アーティキュレーションは、音が作られている方法です。 例えば、文字”ese”はsssと発音され、小児期には”tol”の代わりに”sun”の音を学ぶことを意味します。
  • 声は、音を出すために呼吸と声帯を使用することを指します。
  • 流暢さ、これは音声から推測されるリズムです。 例えばdysrhythmia(吃音)は表現の流暢さに影響を与えます。

言語は、それらのアイデアや感情を伝える方法であり、コミュニケーションのためにコミュニティが共有する一連のルール、兆候、コードとして理解され

言語は、言葉だけでなく、コミュニケーションのためにウィンクや唇の動きに依存する特定の神経障害で発生する兆候やジェスチャーによって表現することができます。

したがって、音声や会話は言語を表現する方法の1つに過ぎず、言語が考慮する社会的ルールとは関係がありません。

スピーチ同義語

トーク、会話、トーク

スピーチ反意語

省略、沈黙

カテゴリー: Articles

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。