ヘパリンおよびヘパラン硫酸(HS)グリコサミノグリカンは、ほぼすべての動物組織の細胞表面膜および細胞外マトリックスに位置する直鎖硫酸化多糖類である。 ヘパリンとHSは、細胞生物学的プロセス、細胞接着および酵素触媒の調節に関与している(1)。 HS鎖は、抗トロンビン、線維芽細胞増殖因子および血管内皮増殖因子(2)を含む様々な成長因子、ケモカイン、ECMタンパク質、および酵素と相互作用することが示されている。 ヘパリンは抗凝固薬として広く使用されており(3,4)、様々な成長因子を結合し、安定化し、活性化することによって細胞プロセスを調節することが示されている(5)。

ヘパリン/HS鎖は、ポリ分散硫酸化、N-アセチル化およびウロノシルエピマー化を伴うGlca Β1-4glcnaca1-4の二糖単位を繰り返すことからなる。 ヘパリン/HSには一から三の硫酸基の間で変化する繰り返し二糖残基が存在し、その結果、高硫酸化および低硫酸化のドメインが生じる。 生合成の間、トランスフェラーゼによる不完全な硫酸化は、他のグリカンクラスのそれよりも構造的に複雑な多糖類の生成をもたらす。 このような複雑で多様な多糖類の構造解明は非常に困難な課題であり、酵素ツールなしでは達成できません。

ヘパリンリアーゼ酵素は、ヘパリナーゼとも呼ばれ、ヘキソサミンとウロン酸のグリコシド結合を切断する酵素であり、ヘパリンとHS鎖を選択的に切断することが知られている。 ヘパリナーゼ酵素は、ウロン酸の非還元末端に二重結合を作り、232nmで吸収し、オリゴ糖および二糖生成物の検出に使用することができる。 三つのヘパリナーゼ酵素が利用可能である:バクテロイデス-ヘパリナーゼI(NEB#P0735)、ヘパリナーゼII(NEB#P0736)、およびヘパリナーゼIII(NEB#P0737)。 ヘパリナーゼIは高度に硫酸化されたヘパリン/HS鎖を切断し、ヘパリナーゼIIIは硫酸化されていないHS鎖を切断し、ヘパリナーゼIIはヘパリンとHSの両方で高硫酸化と低硫酸化の両方のドメインを切断する。 組み合わせて使用されるヘパリナーゼI、IIおよびIIIは、二糖類へのヘパリン/HS多糖類鎖のほぼ完全な解重合を生成することができる。

カテゴリー: Articles

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。