関連知識

内部通報制度の設計(内部通報者保護法に対応)

消費者庁が2009年に実施した”内部通報者保護法に関する労働者に関するインターネット調査報告書”によると、41.7%法令等に違反していることが判明した場合は、”原則として報告しない”または”報告しない”のいずれかに回答しました。 自分の会社の中で。 上位2つの理由は、「会社から解雇されるなどの報復の恐れ」と「職場でのハラスメントの恐れ」からでした。

また、”行政機関その他の外部機関(メディアなど)に報告する”と回答した労働者のうち、自分の会社に報告しない理由は、”会社から排出されるなどの報内部告発システムは、以下の項目が必要です システムのユーザーに考慮され、明確に伝達されます。

-システムを設定する場所:内部(コンプライアンス部門など。

-対象ユーザー:正社員、契約社員、パートタイム労働者、取引先

-匿名の内部告発を受け入れるかどうか

-報告チャネル:電話、電子メール、webフォームなど。

-受付時間:勤務時間内のみ、24時間受付など

-人材派遣(ホットライン):コンプライアンス部の内部従業員。、外部カウンセラー、弁護士等

-人材派遣(調査):コンプライアンス部の内部従業員。、外部コンサルタント等

カテゴリー: Articles

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。