アーネスト-コールは、テニュアトラックの英語の助教授として2008年にホープで教え始めました。 彼は2014年に就任し、現在はグローバル-ラーニングのディレクターであり、英語学科の議長を務めています。 彼の研究は、主にアパルトヘイト後の南アフリカに焦点を当てていますが、彼はまた、身体や外傷の研究、特に身体の傷害がアイデンティティを形づ 現在は、紛争後のシエラレオネにおける国家的アイデンティティとディアスポラ的アイデンティティの構築として空間理論に取り組んでいる。

専門分野

アーネストは、サハラ以南のアングロフォン-アフリカ文学に特に重点を置いたポスト-コロナル文学、傷ついた身体、暴力、外傷に焦点を当てた障害研究、旅行や帝国研究、特にビクトリア朝文学とその世界文学との交差点を専門としている。

  • ,University of Connecticut,2008
  • MA,African literature,Fourah Bay College,University of Sierra Leone,1994,
  • BA,English language and literature,Fourah Bay College,University of Sierra Leone,1994,
  • BA,English language and literature,Fourah Bay College,University of Sierra Leone, 1990

名誉と賞

  • Abioseh Porter”Decentering Anthropocentrism”でベストエッセイ賞を受賞しました: Aminatta Fornaの「幸福」における人間と動物の関係、「アフリカ文学協会、2020年
  • John Dirk Werkman恵まれた准教授、Hope College、2017年
  • 大宜味元一郎グローバル勇気賞、Hope College、2017年
  • Lily Fellow on Peace and Reconcilion in Northern Ireland、Aquinas College、2011年
  • ホープ大学トウズリー研究員, 2010

出版された作品

  • Aminatta Fornaの著作における空間と外傷、Africa World Press/The Red Sea Press、October2016
  • Ousmane Sembene: 作家、映画監督、革命的アーティスト、ウマル-シェリフ-ディオップ、アフリカ-ワールド-プレス、July2015
  • Theorizing the Disfigured Body:Mutilation,Amputation,And Disability Culture in Post-Conflict Sierra Leone,Africa World Press,2014
  • Syl Cheney-Coker,With Eustace Palmer,Africa World Press, 2014

大学外

アーネストの興味はデジタル写真と旅行である。 エヴェレッタ-コールと結婚し、エルネスタとトゥンデの二人の娘がいる。

カテゴリー: Articles

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。