本研究の目的は、(a)肝臓および全身血行動態の範囲および移植に関連するそれらの変化および(b)ネイティブ血行動態を同定する能力に関して、肝移植前後の末期肝疾患患者の集団を術中に調査することであった。 血行動態は特定の診断群と相関する。 肝動脈および門脈の血流を方形波電磁流量測定法で測定した。 使用された保存液の種類に関連する有意差–ユーロ‐コリンズまたはウィスコンシン大学–移植肝からのいくつかの肝および全身血行力学的測定で同定された。 具体的には、心拍出量、総肝臓血流および肝臓重量は、ネイティブとウィスコンシン大学のグループと比較してユーロ‐コリンズ群で有意に増加した。 肝動脈流量は有意に大きく,門脈圧はwisconsin大学群ではネイティブ群またはEuro‐Collins群より有意に低かった。 一般に,移植片と天然肝臓を比較すると,肝動脈および門脈血流は移植後に有意に増加し,肝酸素消費も同様であった。 門脈圧は劇的に低下したが,全身動脈圧は著しく一定であった。 肝への心拍出量の割合は,肝全血流に対する門脈の割合と同様に増加した。

診断群は、特徴的な天然の肝臓または全身の血行動態と明確に関連することはできなかった。 血行動態は、疾患自体よりも疾患プロセスの段階に関連している可能性がある。 (HEPATOLOGY1 9 9 2;1 6:1 0 0−1 1 1.)

カテゴリー: Articles

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。