背景:胸水(PF)pH測定は、診断 現在の標準的な慣行は、室温でヘパリン化シリンジ内のpH測定のためのPF試料を収集し、これらの試料を瞬時に処理することである。

: 本研究の目的は、様々な時間間隔で処理されたときにPF pH測定に室温でヘパリン化対非ヘパリン化シリンジでPFを収集する効果を調べることです。

方法:50の連続した胸腔から、1mlのPFを6つの3mlシリンジのそれぞれに嫌気的に採取した。 ヘパリンでコーティングされた注射器は三つだけであった。 試料を、採取後の時間0(T(0))および1時間(T(1))および2時間(T(2))でPF pH測定のために処理した。 測定が較正された血液ガス分析器によって重複して実施されるまで、すべての試料は室温で保存された。

結果:すべての時間間隔でヘパリン化されたシリンジに対して非ヘパリン化されたシリンジでは、PFのpH値が有意に低かった(T(0):ヘパリン化されたpH=7.378 +/- 0.107 対pH非ヘパリン化=7.390 +/- 0.108;T(1):ヘパリン化されたpH=7.378 +/- 0.115 対pH非ヘパリン化=7.389 +/- 0.111;T(2):ヘパリン化されたpH=7.367 +/- 0.105 対pH非ヘパリン化=7.389 +/- 0.121)。 ヘパリン化注射器では、T(2)対T(0)とT(1)でPF pH値の有意な減少があった。 非ヘパリン化シリンジでは,経時的にPFP値に有意な変化はなかった。

結論:連続PF pH測定のために、同じタイプの注射器(ヘパリン化または非ヘパリン化のいずれか)を一貫して使用する必要があります。 ヘパリン化シリンジでは、pf pH測定の処理は、収集後1時間以内に行う必要があります。

カテゴリー: Articles

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。