歩行者チケットに屈する失敗と戦う方法(Vtl1151)

マンハッタンの歩行者に屈しない

歩行者はマンハッタンの交通を通り抜けます。

ニューヨーク州では降伏の不履行は違法である。 降伏に失敗したために発券された運転手は、他の多くの結果の中で、高価な罰金を支払うことを余儀なくされる可能性があります。 いくつかのケースでは、運転するためのライセンスも降伏に失敗した結果として危険にさらされています。 そして、運転手が降伏しないことによって事故を引き起こしたと非難された場合、その運転手は衝突に起因する重大な傷害または死亡者の責任に直面する可能性があります。

ドライバーが道の権利を得られないという犯罪を犯すには、さまざまな方法があります。 ドライバーが行う最も一般的な違反の一つは、歩行者への道の権利を得ていないことを含みます。 ドライバーは、歩行者と道路を共有しているときに必要なものについて正確に不確実であることが多く、残念ながらドライバーは、道路上の歩行者との相互作用に関連する無邪気な間違いの結果として、高価なチケットと深刻な長期的な結果に終わる可能性があります。

NY交通会社のNYC交通弁護士は、歩行者や緊急車両に屈することができなかったと非難されている多くの運転手を支援してきました。 当事務所は、あなたが移動違反のために引用されてきたか、降伏の失敗のために歩行者を打つための深刻な法的結果に直面しているかどうか、結果を

あなたに対する告発が何であれ、私たちの経験豊富なニューヨーク交通チケット弁護士は、あなたが違法に道路上の歩行者への通行権を得られなかったという主張と戦う際にあなたを支援する知識とスキルを持っています。

歩行者に屈しないニューヨーク州の法律

歩行者がニューヨークの道路を歩いているとき、時にはその歩行者に近すぎる運転でさえ、運転手が発券され ニューヨークの車両と交通法セクション1146は、任意の道路上の歩行者との衝突を避けるために、”細心の注意”を行使するためにドライバーを必要とします。 これは、歩行者が車の多くと忙しい道路上にある場合でも、衝突を回避しようとするためのドライバの主な責任になります。

NY VTLセクション1146は、ドライバーが歩行者との衝突を避けるために十分な注意を払わなければならないだけでなく、衝突が差し迫っている場合に歩行者に警告を与えなければならないことを義務付けている。 ドライバーは、ホーンを鳴らすことによって歩行者に警告を与えることが期待されています。

運転手が歩行者に屈することによって適切な注意を払わなかった場合、交通違反で告発され、罰金または投獄される可能性があります。 ドライバーはまた、ドライバーが繰り返し犯罪者である状況を含め、降伏に失敗したことに関連して刑事告発に直面する可能性があります。

この州法は歩行者に十分な保護を提供しておらず、運転者に十分な責任を課すかのように、ニューヨーク市には歩行者の安全を確保するために運転者に責任を負わせる追加の法律もあります。 例えば、ニューヨーク市内では、市の交通規制のセクション4-04(d)は、ニューヨークの車両と交通法セクション1146と同様のドライバーに対する義務を確立し、セクション4-04(b)(1)は、ドライバーが道路を横断する歩行者に通行権を与えなければならないときのルールを確立している。

セクション4-04(b)(1)に記載されているNY規則の下で、車両オペレータは、歩行者が車の道にいるか、潜在的な危険があるほど車に接近している場合、道路を横断している歩行者に通行権を与えなければならない。 このような状況下では、交通管制信号や歩行者制御信号がない場合や、歩行者制御信号が何らかの理由で動作しない状況であっても、運転者は歩かな

歩行者に歩かなかった場合の罰則

歩行者に歩かなかった場合の罰則は、歩行者が違反したと非難された特定の法律によって異なります。 例えば、VTL1146の違反は、細心の注意を払うことができなかったために歩行者と衝突したために物理的な傷害を引き起こしたため、最大500ドルの罰金と最大15日の禁固刑をもたらす可能性がある。

運転者が重大な身体的傷害を引き起こした場合、罰金が高くなり、運転者は自動車事故防止コースに参加する必要があります。 また、運転手が繰り返し犯罪者であり、クラスBの軽犯罪で起訴された場合、これは潜在的にcrime1,000の最大罰金と犯罪に対する懲役と軽犯罪の記録につ

ニューヨーク市内のドライバーは、市の交通規則や規制の下で課される罰金やその他の罰則に直面する可能性があります。 ドライバーは、市内の地域の法律だけでなく、州の法律の両方を知っていることが期待されており、歩行者に降伏するための要件に従わない運転手は、永続的な結果を経験することができます。

罰金と投獄の可能性は、歩行者に降伏する義務に失敗したことが判明した短期的な結果に過ぎない。 長期的な結果には、きれいな運転記録が前提条件である仕事からの失格、過去の違反が多すぎるために運転するライセンスの潜在的な喪失などが含

あなたが歩行者に降伏しなかったことを認めた場合、犯罪に有罪を認めるか、受け取った引用を単に支払うことによって、あなたはこの交通犯罪ま あなたはあなたに対して告発を戦うことができるかどうかを判断するまで、これらの罰則を受け入れたくありません。 これは重大な犯罪であるため、歩行者に屈することができなかったという告発に続いて、できるだけ早く弁護士に連絡する必要があります。

あなたのチケットを戦う

あなたはロールオーバーを持っていない、引用を支払うと行われます。 オーバー熱心なトラフィックの執行は、毎日のエラーと混在しています。 常に反撃する準備ができています。 あなたがNYの交通会社で働くとき、オッズはあなたの好意にあります。

5 Star22レビュー

緑の光をゲット!

ニューヨーク交通チケット弁護士が助けることができる方法

Daniel Kronは、歩行者に降伏しなかったために州および地方のNY法の下で罰則に直面している多くの運転者を代表しています。 あなたは、単に発券されているか、事故にされているかどうか、私たちの会社は、あなたが行動のあなたの最高のコースは、あなたのお金、運転免許証、自由と未来を保護することが何であるかを判断するのに役立つ知識と経験を持っています。

私たちの会社で経験豊富なニューヨークの交通チケット弁護士があなたを助けることができる方法についての詳細を調べるには、今日私たちに電話

カテゴリー: Articles

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。