結果

HAA患者は男性23人、女性13人で、平均年齢は62.2歳(範囲、20-85歳)であった。 ほとんどの動脈瘤は肝外(78%)および単一(92%)であった。 提示時の平均動脈瘤直径は3.6cm(範囲、1.5-14cm)であった。 五つの動脈瘤が破裂していた(14%)、四つは症候性であった(11%)。 破裂による死亡率は40%であった。 破裂または症候性動脈瘤を有する9人の患者のうち、2人の患者は複数のHAAを有し、3人の患者は線維筋異形成を有し、2人の患者は結節性多発動脈炎を有していた。 破裂した五つのHAAsはすべて非動脈硬化性起源であった(P=。001). フォーティーン患者(39%)は、静脈グラフトによる切除(n=7)、ダクロングラフトによる切除(n=3)、切除単独(n=2)、および経皮塞栓術(n=2)を含む選択的処置を受けた。 二つの静脈グラフトと一つのダクロングラフトは1年以内に閉塞した。 非手術管理は、22人の患者(61%)で平均動脈瘤直径2で選出された。3cm(範囲、1.5-5cm)。 動脈瘤に関連する合併症は、68.4ヶ月(範囲、1-372ヶ月)の平均フォローアップ中に発生しませんでした。 動脈瘤の成長は27%で同定され、最大は0.8cmで34ヶ月であった。

カテゴリー: Articles

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。